チラシ印刷業者に依頼するメリット

チラシ印刷をする場合、自分で行うとコストや時間がかかってしまいますが、印刷会社を利用すると効率よく印刷物を準備する事ができます。印刷会社を利用するメリットとして一つ目は高品質の印刷です。オフィスプリンターなどでは発色や濃淡がしっくりこない事があるかと思いますが、これはインクの種類が原因です。印刷会社での印刷はオフセット印刷が採用されており、インクの種類が多くより鮮明に印刷する事ができます。二つ目にコストが安くすみます。オフィスや自宅で印刷物を準備するにはカートリッジや人件費などコストがかりフルカラーの場合は更にインクが必要となります。印刷会社を利用なら部数が多くなるほど単価が安くなる為、大量印刷の場合はコスト削減にもなります。三つ目にインパクトのある印刷ができる事です。絵柄や色合い、紙質やフォルムなどこだわりの多いチラシを依頼する時などは印刷会社がオススメです。

チラシ印刷の種類や特徴はどのようなものがあるのか

チラシ印刷をする時の印刷の種類によって出来上がり具合や費用などが違ってきます。オフセット印刷は印刷に版を使用してインクを付けて離す印刷法です。オフセット印刷は大量に印刷をする時にコストを抑える事ができ、版は一度作れば破損しない限り繰り返し使用が可能です。オフセット印刷のデメリットは印刷物を乾燥させる時間が必要な事と、少量印刷の場合、版代が含まれる為割高となってしまう事です。オンデマンド印刷はオフセット印刷と違い、版が必要ありません。その為、少部数の印刷であっても版代などが不要な為コストを抑える事ができます。少量の印刷で済む場合など、大量に印刷する必要がなく、必要になった時に必要な分だけ印刷する事ができ在庫を大量に抱える事はありません。デメリットとしては印刷量が増えるとコストが高くなり、オフセット印刷と比べると印刷の乱れが出やすくなります。

チラシ印刷をするのに用紙の種類を考える事も大切

チラシ印刷をするのに用紙の選び方も大切です。光沢紙は表面に光沢のある紙で触った時にツルツルな感触があります。紙面に特殊な薬品を使用している為、色鮮やかに印刷する事が可能です。写真を多く使用したチラシや色を多く使用するチラシと相性がいいです。マット紙は艶消しを施して光沢が出ないようにしており、さらっとした感触の表面です。色がくすんだように出る為落ち着いた感じに印刷できます。イラストなどを入れたチラシと相性がいいです。普通紙は一般的に使用される紙で、コピー用紙などで使用される用紙です。加筆が必要となるチラシには上質紙が最適です。文字情報が多いチラシや書き込みを必要とするチラシと相性がいいです。用紙の種類を選ぶ事も大切ですが、用紙の厚みを選ぶ事も大切です。ポスティングチラシなどであればコピー用紙と同じ厚さがオススメです。イベントなどで使用するチラシであれば少し厚めの用紙がオススメです。